パステル画の基本は「りんご」(初心者が描く場合)

パステル画を習い始めて、一番最初に描いたものは「りんご」です。

りんごを描くことは、基本中の基本です。

りんご

こちらの「りんご」丸みがあって、奥行と光沢があって、美味しそうに見えませんか?この基本のりんごの絵は、球体をうまく表現できるかがポイントです。

 

このりんごの絵って、絵を描いたことがない人でも描けるの?と思われる方もいるかも知れませんが、実は小学生4年生ぐらいなら、ほとんどのお子さんが描けるレベルなのです。驚きますよね!

 

ほんとかな?と。私自身も初めて描いたときにびっくりしました。まったく、難しくありませんでした。

 

こんなに簡単に、しかも美味しそうなりんごが!先生から描き方を教われば、20分~30分ほどで出来上がります。

 

手順は、パステルで手前と奥行きを意識しながら、指で丸く、丸く描いていきます。パステルを塗り重ねると厚みが出てきます。パステルでは、重ね塗りで、また違った表現ができます。

 

色が豊富なので、色選びに悩みそうですが、初めての時は先生が3色の色を選んでくれます。

作品を沢山描くうちに、最初は難しく感じる色選びが、分かってきます。

 

「基本のりんご」は、後々に作品を描くとき、「この部分は基本のりんごの描き方と同じです。」と言われることが、度々あります。

 

玉ねぎも同じ描き方です。

 

りんごでも、玉ねぎでもうまく描けると、ちょっと感動と興奮を覚えます。

 

私でもこんなに描ける!!次の作品もどんどん描けそうです。

基本のりんごを描くと、パステル画の面白い部分を さっそく知ることが出来ます。

 

出来上がった作品が以下にあります。ご覧ください。

購入はこちら

 

パステル画が趣味としておすすめな理由

ハート私がハマっているパステル画の世界

犬カテゴリーはこちら

マリンちゃん
PAGE TOP